ブライダルチェックは何のために受けるの?

ブライダルチェックという言葉はそれなりに知名度がありますがどんな事をするのか、そして実際にブライダルチェックを行った事がある人はまだまだ少ないようです。そもそもブライダルチェックとはどんな検査を何のために受けるものなのでしょう。

ブライダルチェックを何のために行うかは人それぞれですが、大抵の場合は結婚をしたら赤ちゃんが欲しいと考えている人が受けるケースが多くなっています。

今や不妊に悩むカップルは、全体の約15%にもなると言われています。年齢が高くなればその割合も増えますから、晩婚化が進む現代社会では結婚すれば妊娠出産するという事が決して当たり前の事ではないのです。

そういった事から妊娠する事が出来るのか一抹の不安を抱える人がブライダルチェックを希望しているケースが多くなっているのです。

ブライダルチェックの検査項目は病院によって異なりますが、一般的には性病検査や女性特有の婦人科系疾患の有無を調べます。また妊娠中に掛かると胎児に重大な障害をもたらす危険性のある感染症の抗体があるかどうかを調べる事もあります。

性病も婦人科系疾患も必ずしも症状が目に見える訳でも実感出来る訳でもないため、こうしたブライダルチェックでなんらかの疾患が見つかる人も珍しくありません。

何も問題がなければ安心して妊活する事が出来ますし、何か問題が見つかっても早期対応出来るのがブライダルチェックの大きなメリットです。婦人科系疾患や性病は、初期は自覚症状がない場合が多いためこうしたブライダルチェックを有効に活用してもらいたものです。

ただしこのブライダルチェックは、女性だけではなくパートナーである男性も一緒に行う事で真価を発揮します。不妊の原因は女性側だけではなく半分が男性側にあると言われています。また性病に関しても、パートナーが一緒に調べることで感染を予防する事が出来るのです。

こうした事を考えても、出来るならブライダルチェックは男女一緒に行うのが一番ベストな方法と言えるでしょう。