性病の種類と自覚症状について

性病は特に若い男女に増えています。
ですが、性病について詳しい知識を持っている人は少なくなっていても気づかずに感染を広げてしまう場合もあります。

それにもし気づいたとしても病院に行くのをためらって放っておくしまう人もいます。
ですが、放っておくのは絶対によくないので少しでもおかしいと思ったら病院で検査を受ける事が必要です。

では、どのような性病が多いのかを紹介します。
まずは、クラミジア感染症が非常に多く性病の中でも有名です。

女性は、子宮頚管、男性では尿道に炎症を起こします。
適切な処置を受けないと不妊や流産の原因があるので放っておかずに病院で治療してもらいましょう。

自覚症状は女性はおりものがわずかにある程度で男性も尿道から少量の分泌物が出る程度なので本人の感染が気づかないまま病状が進んでしまう恐ろしい病気です。そして、本人も自覚がないため周りに広める危険性も高いです。

次に淋病も代表的な性病の一つです。
女性は子宮頚管、男性は尿道に炎症が現れます。
尿道炎では排尿時に痛みが起きたり、膿がまじった尿が出たりして女性はおりものの量が増えます。男性は痛みが起きるため自覚症状は分かりやすいのですが、女性は分かりにくいので注意が必要です。

そして性器ヘルペス感染症もあります。
男性では亀頭部、女性では外陰部を中心して多数のブツブツが出来て痛みや発熱を起こす病気で排尿に強い痛みを感じるため比較的自覚症状が現れる病気です。

しかし、この病気のやっかいなところは治療が始まって症状が治まったり、ある程度治ったと思ってもストレスや疲労で免疫力が低下するとウイルス活動が活性化して再発してしまう可能性があるところです。また、妊娠中に感染すると新生児が全身性のヘルペスに感染するリスクもあるので妊娠中は特に気をつけましょう。

このようにほかにもたくさんの性病があるのですが、日本で多いのはこれらの病気です。もし、性病を疑ったら、男性は泌尿器科、女性は産婦人科に受診する事が一般的です。

若い女性の中には産婦人科に行くのをためらってしまう人もいるのですが、産婦人科も産科と婦人科に別れており、年代も若い女性もたくさんいるため恥ずかしがる必要はありません。

もし、あやしいなと思ったらすぐにでも病院へ行って適切な治療をする事が大切です。
ですが、もとは性病を映されないようにする事が大切なのできちんと正しい知識を持つことが大切です。

20代や30代になったら病気の有無は関係なく一度は検査を受けてみると良いです。