性病の概要や検査キットについて

HIVや梅毒、クラミジアや淋病といった性病は現在でも多くの感染が確認されていると言われています。
特に10代を含む若い年齢層に多いとされており、HIVなどは先進国の中で唯一増加傾向にあるとされています。

性病というのは正式には性感染症と呼びます。昨今ではSTDという名称も一般的になりつつあります。これらの原因は何かというと、端的に言ってしまえば性行為です。

感染している人との性的な接触によってより感染が広がってしまうとされています。クラミジアや淋病などの場合、粘液同士の接触以外にもオーラルセックスによって咽喉に感染してしまうという事例も増加しているとされています。

風邪などのウイルスは町中を歩いているときに感染するなど不特定多数の感染経路があると推測できますが、性病は性的接触をした人間のみとかなり限られた感染経路となることもあり、うつしたのかあるいはうつされたのか、他の人間との性行為の結果感染したのかといった人間関係のトラブルにも繋がってしまいます。

万が一感染を疑うような行為をしてしまった時には検査をするのが有効です。検査は病院で行うことが一般的ですが、昨今では自宅でご自身で行える性病検査キットも販売されており、検査の主流となりつつあります。

性病検査キットは購入時に顔を見られる心配がなく、配送時の商品名がカモフラージュされているなどのプライバシーに配慮されているものがほとんどなことから、検査をしたいが恥ずかしいといった方に有効です。

男性用や女性用に分かれており、性病の種類によってはパートナーと一緒に行えるものなどもあり、お互いに安心して調べることが可能です。

性病というのは各々潜伏期間が異なるため、検査をするタイミングも異なってきます。しかしすべての場合に言えるのが、感染が疑われる行為をした当日、あるいは翌日に検査を行ってもほぼ無意味ということでしょう。

不安ですぐに検査をしたいという気持ちもわかりますが、性病の反応が出るまでには短くとも二日、三日はかかります。例えばクラミジアや淋病、膣トリコモナス症などがそれらにあたります。梅毒などはひと月ほどかかるとされています。

HIVは初期症状はひと月ほどですが、その後の潜伏期間に個人差があるのでニ、三ヶ月ほど経たなければ正確な結果が出ないとも言われています。

性病検査の方法は性病の種類によって異なりますが、一般的によく行われているのが血液検査です。男性の場合は尿検査、女性の場合はおりもの検査などが付随することもあります。

性病は自分だけでなくパートナーにも関わってくるものですので、しっかりと知識をつけて検査などを行いたいものですね。

HIVなどの驚異に対する対策

私は現在30代半ばとなるサラリーマンです。私はいまの日本において、とても危惧していることがあります。それは、日本人、私たちの性に関する知識があまりにも欠如していることです。

我が国は、性風俗業が非常に盛んです。今や大学生すらアルバイト感覚で風俗の仕事をしたりする方も多いほどです。そして、性感染症の中でも最も驚異と言えるHIVなどがありますが、先進国の中でも日本は感染者数が増大し続けています。常に感染者数が前年を上回り続けている驚異的な状態とも言えるでしょう。

現代の、学校での性教育についても、限られた時間で全体的に垂れ流すように伝えているだけでは子供達の危機意識は高まることはありません。高校でも、性教育は保健の授業の際に知識をつけるための時間があったりしますが、それは実に狭い範囲なのです。

コンドームの使用方法だったり、しかしそれは説明書を見れば一目瞭然で重要性は低いとも言えます。HIVをはじめとした性病関係の知識の伝達、驚異などをしっかりと伝えていく必要があるのです。HIVなどの病気の対策について、知識面の自信がないかたへ、私から簡単にご説明をします。

当たり前のことですが、必ずコンドームの着用が第一とし、不特定多数の方との性行為は避けるようにしましょう。女性側の対策として、彼氏がコンドームを使用してくれなかったからと言い訳をしていませんか?後悔先に立たずとならないためにももし避妊具の着用を男性が行わないなら性行為自体をやめてください。

なぜ強い指摘をするのかというと、HIVなどは1度かかってしまうと完治が出来ないからなんですね。薬の投与で死に直面することはなくなった、改良が完全に成されたという現状でも、もしかかってしまった場合の悲しみは自他ともに大きなものですよ。

そして、不安行為をしたということに該当される方は、実際に検査に行ってみましょう。まずは、保健所、クリニックなどが検査出来る代表的なところです。保健所については一月の中でわずかしか実施していないことが多かったりします。

時間に都合がつきにくい方はクリニックのほうが良いと言えますね。勿論ですが、匿名として呼ばれますのでプライバシーの面では配慮はあります。ただし、近場で受ける際には知り合いバレというのを恐れる方も当然いらっしゃいます。

その場合は、ネットで検査キットを購入し、郵送ののちにメールまたはHP上で検査結果を知る方法もありますよ。金額についてですが、一万円もしないものなのでそこまでの痛手ではないはずですよ。

検査を受けたあとは気がとても引き締まるものです。
しっかりと自己管理を行って、安心のもとに性行為を行える環境作りは今の時代では必須項目なのです。

ブライダルチェックは何のために受けるの?

ブライダルチェックという言葉はそれなりに知名度がありますがどんな事をするのか、そして実際にブライダルチェックを行った事がある人はまだまだ少ないようです。そもそもブライダルチェックとはどんな検査を何のために受けるものなのでしょう。

ブライダルチェックを何のために行うかは人それぞれですが、大抵の場合は結婚をしたら赤ちゃんが欲しいと考えている人が受けるケースが多くなっています。

今や不妊に悩むカップルは、全体の約15%にもなると言われています。年齢が高くなればその割合も増えますから、晩婚化が進む現代社会では結婚すれば妊娠出産するという事が決して当たり前の事ではないのです。

そういった事から妊娠する事が出来るのか一抹の不安を抱える人がブライダルチェックを希望しているケースが多くなっているのです。

ブライダルチェックの検査項目は病院によって異なりますが、一般的には性病検査や女性特有の婦人科系疾患の有無を調べます。また妊娠中に掛かると胎児に重大な障害をもたらす危険性のある感染症の抗体があるかどうかを調べる事もあります。

性病も婦人科系疾患も必ずしも症状が目に見える訳でも実感出来る訳でもないため、こうしたブライダルチェックでなんらかの疾患が見つかる人も珍しくありません。

何も問題がなければ安心して妊活する事が出来ますし、何か問題が見つかっても早期対応出来るのがブライダルチェックの大きなメリットです。婦人科系疾患や性病は、初期は自覚症状がない場合が多いためこうしたブライダルチェックを有効に活用してもらいたものです。

ただしこのブライダルチェックは、女性だけではなくパートナーである男性も一緒に行う事で真価を発揮します。不妊の原因は女性側だけではなく半分が男性側にあると言われています。また性病に関しても、パートナーが一緒に調べることで感染を予防する事が出来るのです。

こうした事を考えても、出来るならブライダルチェックは男女一緒に行うのが一番ベストな方法と言えるでしょう。

性病の不安と検査体験

以前、女性器に普段とは明らかに違う痒み、違和感を感じてとても悩みました。
病院へ行かないと治らない程度のものかどうかも分からず、しかも子供連れて行きにくいので主人の休みに頼みたいけど、性に関するおかしな病気を持っていると主人から疑われたくもなかったからです。

なかなか言えず悩みました。一番疑ったのは、クラミジアでした。
感染していてもほとんどの人が気付かない上に感染率が高いというからです。

そう考えると自分が感染していてもおかしくないし、主人が感染していたとしてもおかしくはないのです。自分が感染しているかもしれないと言って、主人に性病検査を受けさせるというのもかなりの勇気がいることです。私のせいでもしかして主人に性病の可能性があるなんてとても言えませんでした。

そこで、私はとりあえず自分が感染していないかインターネットで注文した性病検査キットを使いました。割と使い方も簡単でしたから、迷わず使えました。

結果が送られてくるまでにはちょっと長かったのですが、結果として感染していませんでした。お陰ですごく安心しました。とは言え、私のように結婚していてもうパートナーは変わる予定のない人間はこれで一安心なのですが、パートナーが変わる可能性のある人はその度に検査がおすすめと言えます。

感染しやすいクラミジアでは、感染者との性交で二回に一回は感染してしまうほどの感染力があるのです。クラミジアの怖いところは、性行為においてコンドームを使用したから安心、と言ってしまえない事です。

オーラルセックスでも、喉に感染することがあります。つまり、相手が感染していないことが重要です。不特定多数の人と性行為をすることは、それだけで性病に感染している可能性が普通の人より高いと言えます。

性病の検査は、全国の保健所で行われており基本的に無料です。自分の名前を告げずに匿名で検査が受けられます。保健所では主にHIVの検査が行われており全ての性病検査があるわけではありませんが、費用が安いことは大きなメリットですね。

性病の種類と自覚症状について

性病は特に若い男女に増えています。
ですが、性病について詳しい知識を持っている人は少なくなっていても気づかずに感染を広げてしまう場合もあります。

それにもし気づいたとしても病院に行くのをためらって放っておくしまう人もいます。
ですが、放っておくのは絶対によくないので少しでもおかしいと思ったら病院で検査を受ける事が必要です。

では、どのような性病が多いのかを紹介します。
まずは、クラミジア感染症が非常に多く性病の中でも有名です。

女性は、子宮頚管、男性では尿道に炎症を起こします。
適切な処置を受けないと不妊や流産の原因があるので放っておかずに病院で治療してもらいましょう。

自覚症状は女性はおりものがわずかにある程度で男性も尿道から少量の分泌物が出る程度なので本人の感染が気づかないまま病状が進んでしまう恐ろしい病気です。そして、本人も自覚がないため周りに広める危険性も高いです。

次に淋病も代表的な性病の一つです。
女性は子宮頚管、男性は尿道に炎症が現れます。
尿道炎では排尿時に痛みが起きたり、膿がまじった尿が出たりして女性はおりものの量が増えます。男性は痛みが起きるため自覚症状は分かりやすいのですが、女性は分かりにくいので注意が必要です。

そして性器ヘルペス感染症もあります。
男性では亀頭部、女性では外陰部を中心して多数のブツブツが出来て痛みや発熱を起こす病気で排尿に強い痛みを感じるため比較的自覚症状が現れる病気です。

しかし、この病気のやっかいなところは治療が始まって症状が治まったり、ある程度治ったと思ってもストレスや疲労で免疫力が低下するとウイルス活動が活性化して再発してしまう可能性があるところです。また、妊娠中に感染すると新生児が全身性のヘルペスに感染するリスクもあるので妊娠中は特に気をつけましょう。

このようにほかにもたくさんの性病があるのですが、日本で多いのはこれらの病気です。もし、性病を疑ったら、男性は泌尿器科、女性は産婦人科に受診する事が一般的です。

若い女性の中には産婦人科に行くのをためらってしまう人もいるのですが、産婦人科も産科と婦人科に別れており、年代も若い女性もたくさんいるため恥ずかしがる必要はありません。

もし、あやしいなと思ったらすぐにでも病院へ行って適切な治療をする事が大切です。
ですが、もとは性病を映されないようにする事が大切なのできちんと正しい知識を持つことが大切です。

20代や30代になったら病気の有無は関係なく一度は検査を受けてみると良いです。